それでも彼の生き様をここに残しておこうと思った理由

誰もが苦難に出会う。簡単に乗り越えられるときもあれば、なかなか乗り越えられないこともある。その苦難をどう解釈し、将来にわたってどれだけ執着するかはその人間の勝手である。出来事の良い側面をみたり、笑い飛ばして切り替える、あるいは、「忘却」という名の神様からの贈り物に身を委ねるのがなにより。

その通りだ、すべて忘れてしまってもいい。そもそも記さなくてもいいのではないか…

そうも考えた。

それでも、やはり書き記しておきたいのだ。

彼が、何と闘い、何に気づき、変われることができたのかを。

いまでも「なんとなく空見上げちゃってる」ひとたちが、

何かのきっかけをつかむのに、少しでも役立つのではないかと信じるから。

Follow me!