楽しくしてたら幸運は向こうから歩いてくる

Allen Kleinの著「You can’t ruin my day」
(筆者和訳:誰も私の一日を台無しになんかできない)
に面白いコラムがある。

Let It Come to You

Have you ever had the experience of misplacing something,
not finding it after a lot of searching, and then have it suddenly appear?
The same could be true about some of the challenges you are, or will be, facing this week.
(筆者和訳:どこかに何かを間違って置いてしまった経験はないですか?それも必死で探し回ったあげく、全く見つからなかったのに、忘れた頃に突如として現れるような。)

(中略)

I struggled every day seeking a new publisher. Frustrated in not finding one,
I gave up actively looking and put a sign above my desk that read:
“The perfect Publisher Will Find Me.”
(筆者和訳:本を出したいと必死で出版社を毎日探したけれど、ついぞ見つからずとても不満が溜まっていた。それで積極的に探すのをやめて、デスクの上に、次のメッセージを置いたんだ。「ぴったしの出版社がきっと私を見つけてくれる」って。)

このあと、このひとは、まさにぴったしの出版社の人と自然に出会い、
その人は自分のことを偶然にもよく知っていた、という幸運に巡り合うことになる。

探し回っているうちは、その必死さがアダになって、なかなか見つからない。
でも、そんなことは忘れて、ゆったりと楽しんで過ごしていたら、
いつのまにか、向こうが見つけてきてくれる。

ブルゾンちえみも言ってる。
「探さない、待つの」って。

Follow me!