賞賛を楽しめ。照れるな、否定するな。

 

「●●さん、すごいですね〜」
こういう体験をすることはないだろうか。

たいていの日本人は次のように返すだろう。
「いえいえ、そんなことないですよ〜」
「皆さんのおかげです。」

あるいは、照れて、

「先日の賄賂の成果かな?」とか。

あなたがそうやって、自然に賞賛を受け入れないのは、
「世間がそういう風にするのが美徳だといっている」
から??

でも、そんな世間なんてどこにも存在しないし、
美徳だと思っているのも、一部のひとたちで、
別にあなた自身がそれに従う必要はないのだ。

もっとも、あなたはこう考えているかもしれない。
「こういう美徳を守っていると、自分にいいことがあるかもしれない」と。

謙虚といえば聞こえがいいが、
これで失うものは大きい。

ひとつに自己暗示。
言葉には魂があるので、自分で自分に、自分はたいしたことがない、と
言い聞かせることになってしまう。
これで失われる可能性は莫大だ。

もう一つに他者の認識。
そのあなたの謙遜の言葉を聞いたひとも、
「ああ、別に、そんな●●さんは大したことないのかもな」って
思ってしまう。
そうすると、声をかけてくれるようなチャンスも減ってしまう。

簡単で当たり前のようだが、謙遜が美徳とされる日本人には
意外と徹底するのは難しかったりする。

あなたはあなたの人生の主役で、ステージにたっている。
ステージ上で輝くミュージシャンのように、歓声には、
諸手を挙げて、しっかりと受け止めよう。

その勇気をもとう。それこそ自分を愛することに繋がるのだから。

Follow me!