抵抗の哲学と許しの哲学

もし貴方がなにかの抑圧にさらされているのなら、
それは抵抗しなくてはならない。

あなたの感覚を相手に伝え、それをやめさせないといけない。
やめさせることができないなら、距離をとろう。

これができるひとは勇気のあるひとだ。
だが、勇気のあるひとはそんなに多くない。
だから、飲み込んでしまう。
飲み込んで、飲み込んで、飲み込んでいるうちに、
何が自分の感情なのかわからなくなる。

そうなってはおしまいだ。
だから、抵抗しよう。あなたの感覚をいつなんどきも忘れてはいけない。

相手に抵抗することに成功したら、
その、あなたの思う”悲劇”にいつまでもとらわれていてはいけない。
執着こそ、自愛を難しくする罠なのだから。

自愛とは、
幸せを感じながら生きることである。

とすれば、自らの悲劇にいつまでもとらわれていることは、
あなたを愛していることにならない。

人のために許すのではない、
自分のために許すのだ。

あなたの不幸は、誰にも幸せをもたらさない。

そう考えれば、簡単に、
次に歩みを進めることができるはずだ。

Follow me!