自愛党宣言

かくも世の中はいきづらいのか。

自らの無力を信じ込まされ、

誰のためにもならないモラルやシステムに踊らされて、

「あなたはそんなものだ」という相互監視の目の中で、

やりたくないことをし続ける。

本当にやりたいことをしている人の数の、なんと少ないことか。

ひとは何のために生まれ、この世で与えられた時を過ごすのか。

人のために生きることを縁と為すならば、なんたる本末転倒か。

違いをもって生まれ出で、

それぞれに異なる道を歩み、

そのとき、そこで、なにかの道になにかを感じる。

その感覚をなんどきも忘れてはならない。

モラルやシステムは、どこかの誰かにとって、都合が良いに過ぎない。

それはいまのあなたにとって都合がいいとは限らない。

感覚に立ち戻れ。

 

感覚に立ち戻ることこそ、自らを愛することである。

自らを愛することができて、はじめて他者を愛することができるのだ。

人が自らを、そして、他者を愛することを、邪魔するものがあるのなら、

それは、取り払わないといけない。

 

自らの価値観を貫く勇気をもとう。

ひとになんといわれようといいじゃないか。

自分を支えてくれる人たちとともに生きよう。

 

人類は賢いはずだ。

人が自らのあり方を素直に追い求めることができる、

そんな新たな枠組みを、創り出すことができるくらいには。

 

人が自らを愛し、人に優しくすることができる世界をつくろう。

みんな、子ども頃のように、遊ぼう!!

Follow me!