相手の懐に踏み込む勇気

会社員として働いていたりすると、

あ、私を個人としてみてくれてるな、と感じるときと、

所詮は、会社の看板でしかみてくれていないな、と感じるときがある。

いまでも思い出す。

とあるプロダクトの営業をしていたときに、その関連のセミナーにでた私は、

セミナー後の懇親会の席で、講師役を務めていた、

ちょっと面白い大阪のおじさんから、

「今日のセミナーどうやった??」

ときかれたのだ。

そのとき私は、

「あ、とてもためになりました!!」

とかいう、超絶つまらない回答をしてしまったのだが、

そのときに私の脳裏に浮かんだのは、

「会社の看板傷つけてしまうかもしれんから、変なこといえないな」

というものだった。

なんでまた、そんなことを考えてしまったのかというと、

その実、怖かったのだ。

嫌われるかもしれない、そう思って、無難に丁寧にしてしまう。

社会人として、丁寧にすることがいいことだ、と思いこんでいたこともある。

それで、いつまでも他人行儀で、いっこうに距離が縮まらないから、個人として

認識されることもない。とても寂しい結果になってしまった。

実は、大方の年長者は、踏み込んでもらいたいと思っていたりする。

勇気をもって、踏み込む、正直な感想を述べる。

そうすると、実は自分も踏み込んで来れなかった過去があるから、

「おっ、こいつ、意外と腹据わってんな、やるな」

と思われ、かわいがってもらえる。ぐっと距離が縮まるわけだ。

この距離が縮まることで得られるものは、めちゃくちゃでかい。

そう信じて、思い切って相手の懐に飛び込んでみよう。

Follow me!