芸術は爆発だ

 

岡本太郎さんの言葉、とても有名だが、
どういう意味なのか、ずっとピンと来なかった。
著書も読んだことがあるが、ピンと来なかったので、
中身を全然覚えていない。

本当に人というのは、メッセージをきちんと受け取れるように
なるのに時間がかかるものだ。

前置きが長くなった。

芸術は爆発だ、この言葉をいまの私なりに解釈するなら、

自分の感性を解き放つこと、そのことこそが芸術である、
そういう意味なのだと思う。

そうだとすれば、誰もが芸術家であるし、そうあるべきだといえる。
誰もが自分の感性を解き放って芸術をつくることができる。

しかし、これが意外と難しい。
そのままに解き放つ前に、色々考えてしまうだろう。

・こうした方がもっと受けがよいのではないか
・これはこう批判されるのではないか
・自分から人が去っていくのではないか

等々。

有名な芸術家であれば、その名前をもって黙らせることが
できるかもしれないが、そうでないひとには難しい。

それを乗り越えていくことが、自分に素直になることであり、
真の芸術なのだと思う。

Follow me!