ジャッジの不公平さを嘆く前にすることがある

 

世の中にはよくもわるくも競争というものが存在する。

それによって得られるものが変わってくるのも、事実だ。

100メートル走なんてものなら、時間という数値でバッチシと
勝敗がわかるので、結果を受け入れやすい。

その一方で、結果を受け入れ難いものもあったりする。

たとえば、アイススケートフィギアなどはそうだろう。
ジャッジの評点は、ジャッジの感性やメディアが形成する前評判によって
大きく変わるし、なかには審判を買収するようなケースもあるとかないとか。

そんな結果に納得がいかず、
そのジャッジの不公平さに憤慨する。

それで馬鹿らしくなって、挑戦するのをあきらめてしまう。

そんな経験はないだろうか。

もしあなたがそこにとどまっているのなら、
それは自分のやっていることに真の意味で本気になれていない、
ということだと思う。

本当に勝ちたいなら本気になればいい。

圧倒すればいい。

既存の秩序があってunfairだと嘆くまえに、
その秩序すら、自分で創りにいけばいい。

Follow me!