ユダヤの教え

小城武彦さん(日本人材機構代表取締役社長)が、NewsPicksによるインタビューでとっても素晴らしい言葉を紹介されていたので、こちらでもご紹介します。

その川田さんによれば、『ユダヤ人にはある教えがある。ユダヤ人は自分が人生の最後、息を引き取るときに、ある問いに対する答えを持ちなさいと言われている』そうなんです。

その問いとは何かというと、『お前はお前であったか』というものだそうです。つまり、『自分は自分であったか』という問いに対して、イエスと言える人生を送れと。

 

素晴らしい教えだと思います。

よく、Who are you? という問いが重要だ、というようなことがいわれますが、私は、この、Are you “you”? もしくは、Have you been “you”?? 、これを肝に銘じていきたいと思います。

自分は自分であったか、という問いに”イエス”といえる人生ってどんな人生でしょうか?みなさんも少し考えてみて下さい。よかったら。

Follow me!