The Art of Loving(エーリッヒ・フロム)〜愛するということ〜

色々と書いてあったが、私としては、この本から学んだことは、以下の2点に集約される。

・愛とは、落ちるものではなく、能力として磨き上げていくものである。

・愛とは、能動的で、生産的なものである。

人を愛するには、必要な能力が十分に育っていないといけない、というのは、全くその通りだと思う。その条件についての私の解釈は、これまでも書いてきた。

愛とは、能動的で生産的なものである、というのは、誠に我が意を得たりである。自らを顧みると多分に反省すべきところがある。

自愛の哲学といっても、それは、いたずらに自らを甘やかし、怠惰になるということではない。

自らを愛することを絶えず維持しながら、そのあふれた余裕をもって、他者を愛するために、能動的・生産的に活動して時を過ごすことを是としたい。ただし、これは他者から強制される種のものではない。

Follow me!